講師紹介

今下 敦子 〈花水-かすい-)
今下 敦子 〈花水-かすい-)
華道家元池坊 総華督
池坊華道会 中央委員
いけばなインターナショナル会員
宝塚いけばな協会 池坊代表

芦屋女子高等学校 卒業
芦屋大学 卒業

池坊中央研修学院
・杉原 青坡 自由花研究室、自由花ゼミ
・中村 福宏 生花研究室
・中村 福宏 立花研究室
・竹内 稔晴 「遊心を研究する会」
室町時代に成立した華道池坊。
華道は日本の長い歴史の中で、人々に受け継がれてきた伝統文化の一つです

華道とは、ただ草木を器に生けて、その出来栄えを楽しむだけのものと考えている人もいるかもしれません。
でも、草木で美しい形をつくりあげることだけが、華道の目的ではありません。

一つ一つの草木は、私たち人間と同じように、育ってきた環境も違えば個性もさまざまです。
そんな草木の育った背景を想像し、その良さを生かしながら自分自身の思いを込めて花を生ける。
瑞瑞しい草木に触れ、その生命を感じることで生きる力をもらい、心に安らぎを覚え、潤をもたらしてくれます。

日々の暮らしの中で、気軽に誰でも、男女年齢を問わず、いくつになっても楽しめるのもいけばなの良さです。
お部屋の中に季節の花で生けたいけばな作品があるというのは心が癒やされます。

仏前供花から始まったいけばなですが、時代とともに変化していくのも、池坊いけばなの良さです。
そして、いける人の個性が生かされて、いけばなは芸術となっていきます。
いけばなは草木を使った自己表現のひとつです。

いけばなを習ったことのない方も、昔、習ったことがある方も・・・
子供さんから大人まで、どなたでも気軽におけいこしていただけます。そして指導者になりたいという方には、指導者になるためのレッスンもいたします。
女性から男性、子供さんまでお稽古を習ってみたいと思われる方大歓迎です。
遊心とは・・・
遊心(ゆうしん)とは、花を生けるのではなく洒落っ気溢れた遊び心で
楽しむ花遊びのこと。
今まで池坊では表現しなかった内容や感覚、
花遊び「遊心」は、花を飾るという行為そのものに着目し、
手法を使い暮らしの中に楽しく遊んでかざるためのもの。
そして、人にプレゼントしても喜ばれるものです。