作品のご紹介

カキツバタを大籠で生けた作品です。
夏は蓮の季節・・蓮一式ではないものを生けてみたいと思って頑張った作品です。生けあげるのに頑張りすぎて時間がかかってしまい、蓮の葉がしおれてしまいました。
『沖永良部の風』
綾玉は、芭蕉布の糸で作ったものです。
芭蕉布の糸は、沖永良部島の芭蕉布作家の方に分けてもらいました。
花材・・カラタチ黒、オクロレウカ、芭蕉布の綾玉
「瀬戸内の春」
早春の瀬戸内の海に光がキラキラときらめいているそんなイメーシ゜を
水引とアクリルで制作した作品です。
花材・・コチョウラン、グリーンネックレス、水引、アクリル棒、アクリル板
芭蕉布の糸で作った綾玉、北海道苫小牧の友人が夕張まで採りに行ってくれた紅葉。
池坊の友人たちのおかげで仕上がった作品。
花材・・芭蕉布の綾玉、紅葉、アスパラ、糸、アクリル板
「色が、あふれている時代にあえて白と黒のモノトーンの作品」黒の漆器の食器三枚重ねたものを花器としてつかっています。この漆器はメイプルの木の漆器で、漆器特有の光沢がなく真っ黒なんです。
花材・・かすみ草、チョコレートコスモス、ねじりクロトン
スーパーでこの紙皿を見た時に、チャップリンの映画の中で積み上げたお皿が、くずれそうでくずれない・・アララってシーンあったよね。 そんな危なっかしい1シーンを作品にできたら・・・と
花材・・紙皿、スチールグラス、パプリカ(黄)、ピーマン、ミニトマト、ピー玉
自分で染めた和紙をチョウチョに折って、チョウチョを飛ばした作品です。
花材・・しだれアスパラ、ミニコチョウラン、和紙
春の桜をイメージして仕上げました。
和紙を自分で染めて、折り紙ではないのですが三角に大きさも違うかたちのテトラパツクの袋というか風船のようにに作ってみました。自遊自在とアルミ線に水引を巻いたものに和紙の三角風船をつけたもので構成しています。花材・・・バラ咲きジュリアン・スプレンゲリー
お盆の季節のホオズキは色がとてもきれいなので、それを繊維だけになるように処理して作った作品です。
花材・・ほうずき、しだれアスパラ、春雨。
『かぐや姫』をテーマに作った作品です。
もうすぐ月に帰るかぐや姫
涙で見る月でしょうか?
花材・・竹、着色のからたち、グロリオーサ、グリーンネックレス、シルバーミラー
ドラセナサザンクロスとスチールグラスを組み合わせた作品です。
花材・・ドラセナサザンクロス、スチールグラス、リュウキンカ